実際に僕が出会った本当に深イイお話です。

とある所に、1歳の子供を持つ若い夫婦がいました。
貧しい生活で子育ての大変さをしみじみと
感じながらも、子を持つ喜びと楽しみも
同時に感じつつ夫婦共働きで子供を
0歳の時から保育園へ預けていたそうです。

そんな生活が一年経とうとして少しずつ
その忙しい生活に慣れてきた矢先の出来事でした。
冬の寒さが厳しく、乾燥する季節だったせいか
赤ん坊が痒くて皮膚が爛れてしまうくらいまで
掻きむしってしまいました。

これはいかんいかん、と思った夫婦は
行きつけの病院から貰って常備しておいた
ステロイドの軟膏を塗布したそうです。
一時的によくなったのですが、
何故か痒みの症状が少しずつ広がっていきました。
それに加えて少し鼻水も止まらなくなってきていました。
それに伴って日中はなんともないのに、
夜中になるとぐずぐずしてしまうそうでした。

もともと食は太かったそうですが、その頃から
さらに加速するように食べる量が増えて
その痒みがひどくなる頃には、
ご飯を貰えないと泣きじゃくった
りスプーンを叩いて早く寄こせ、
と言わんばかりのしぐさをするそうです。

そんな日が一週間程続き困り果ててた頃でした。
その日の午後にお昼寝をした後に
何故か咳が出てきてました。熱は特にありません。
その赤ん坊が夜中に突然泣きじゃくりましまた。
それも、背中を大きく反り返して、
普段とは全く違う雰囲気で大きな泣き方をしました。
咳は出ていましたが、熱はなかったそうです。
その物凄い泣き方が30分~1時間くらい続きました。
最終的に何事もなかったかのように泣き止み、
その夫婦はヘトヘトになってその日は眠りについたそうです。

次の日、行きつけの病院で診て貰った所、
特に異常がないので、鼻水と咳を止めるシロップと
足や顏などの湿疹に使う強めのステロイド薬を
処方されました。あまりにも酷い泣き方だった事に
困惑して不安になった夫婦は僕のところを訪れました。

僕は、とある診断を下して、とある漢方薬を渡し、
赤ん坊とそのお母さんに服用していただいた所
効果があり、症状は改善しました。

子供の皮膚の状態は良くなり、
子供に笑顔が戻りました。
食もいつも通りの量になり、
咳や鼻水も止まりました。

話を聞くところ最近忙しかったのと、
少し子育てに慣れてきた頃だったせいもあり
子供を一番に考えてあげられなかったそうです。
これを機に、
子供との時間をより一層大事にしてくれる、
と笑顔でその夫婦は話してくれました。

僕が東洋医学の勉強をしていなければ、
こういう状況には巡り合えなかったので、
本当に貴重な経験をしました。

僕にとっては本当に深イイ話なんですが、
皆さんにとってはいかがだったでしょうか。
東洋医学を勉強した方ならある程度
この所見で診断がつくと思います。

しかし、西洋医学しか勉強していない薬剤師さんや
お医者さんにお話したらどんな診断が下されると
思いますか?実際に聞いてみたのですが、
長くなるので次回の記事に書きたいと思います。

**家でセルフお灸をしたいけど、
けむりが気になる方へ**


 

 

**さらに、熱に敏感場所へのお灸する方
または、体質的に熱の敏感な方へ**

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

せんねん灸の奇跡 ソフト(200点入)【せんねん灸】【送料無料】
価格:3836円(税込、送料無料) (2017/1/28時点)


 

 

・鍼で最も感銘を受けた書籍・第1位
・鍼1本で病気がよくなる

 

 

・鍼で最も感銘を受けた書籍・第2位
・アレルギーは鍼で治す!―アトピー・花粉症・ぜんそく・リウマチ・etc....

 

 

・鍼で最も感銘を受けた書籍・第3位
・鍼灸の挑戦―自然治癒力を生かす

**漢方の効果をしっかりと出したい方へ**

エキス剤ではなく、
煎じ薬の方がオススメです。
お買い求めの方は下記の写真↓を
ポチっとする購入できます。

***合わせて読んでほしいブログ***

【花粉症の影響を及ぼす第3"流れ=ルート"~花粉症と鍼灸と解剖⑥~】

【医療制度の狭間に苦しむ人がたくさんいる理由とは?~どういう場面で西洋医学が必要なのか①~】